医療情報

出版物のご案内


BOOK

医療安全対策ノート

 医療安全対策(Patient Safety Management)は、医療の質の主要な構成要素であり、これを行うことは病院の重要な活動の一つです。また医療安全対策を適切に行うためには、個々の病院職員の自覚と注意を促すのみでは不十分であり、安全なシステム構築を目指した病院の組織としての取り組みが必須です。しかしながら、すべての病院がこのようなシステムを構築するための人員、資金、経験、その他の資源を有しているわけではありません。東京都病院協会では、各病院が医療安全対策を効果的に進めることができるような支援を行うことを、病院団体としての重要な役割であると考えて、医療安全推進委員会(医療事故防止対策委員会より名称を変更)が、医療事故防止体制の実態調査、病院職員を対象とした教育研修などの活動を行ってきました。

 医療安全対策ノートは、これまでの活動を踏まえて、安全なシステムを病院内に構築するために、重要な事項をわかりやすく整理しています。病院の現況について評価できるようにチェックシート形式になっています。定期的にチェックを行うことにより、より安全なシステム構築を進めていただければ幸いです。

お問い合わせは、東京都病院協会事務局まで